大人とこどもの初めての投資信託

初心者から始めた少額積立投資信託の資産運用記

投資信託を始めたきっかけ

はじめまして、こんにちは。

このサイトブログを書いている林と申します。

美大卒の私が積立投資信託を始めたきっかけをお書いたします。

経済に詳しくない美大出でもできたので、どなたでも投資信託は始められます。

日本大学芸術学部写真学科卒です。

 

投資信託とは投資のプロ(ファンドマネージャー)に資金を預けて運用してもらう方法のことです。

積立投資信託なら少ない資金から始められ、私も毎月300円の積立投資信託で購入していて、毎月100円からの積立投資信託の銘柄もあります。

そのくらい少額からでも始められます。安い金で出来るということは初めての方でも始めやすいのが魅力です。

投資の世界ですので、全て自己責任です。収益を生めば損失を生まれます。

損失を生まない為にリスク回避が必要です。

リスク回避のための分散投資です。

それを忘れないで実践すれば資金は育っていきます

投資信託を始めてとても良かったことはお金は育っていくんだということが一番お金の考え方が変わりました。

積立投資のいい点が、毎月1,000円積立で9,000円貯まった頃には9,000円が11,000円に変わっていたことです。

これは結構おもしろいものです。

リスク回避の為の分散投資をしていれば確実に資金を伸ばすことができるので、興味を持たれた方は私なりの購入術と考え方の記録です。経験論が好きなので、経験したことをただ書いているだけです。

 

投資信託を始めたいと思ったきっかけを簡単に書いていきます。

 

sponsored link

小学生から始める投資信託

一番の始めるきっかけとなった理由として、2016年の年末辺りにテレビ東京のワールドビジネスサテライトで中で、「小学生がお年玉を投資信託に 」という放送を目にし。

「そんなばかなー」と、今どきの経済を知っている子供たちはやるなー。と関心を持って。

その時に、投資信託とは名前ぐらいしか聞いたことがなかったのですが、それが積立投資信託で500円からできましよ。と、テレビで証券会社の方が言っていて、「そんなにやすくできるのかー」と、そこから興味を持ち始めたのがきっかけです。

youtubeでの収益をドルで貰っていた

投資信託を始める前から、youtubeに動画を載せていて、その動画の毎月の収益が3,000円から5,000円ぐらい入るのですが、それがドル計算での円払いなので、1ドル123円の時や1ドル100円ぐらいの時で、「ドルの値が違うだけでこんなにお金って変わってくるんだ」と身近な経済を感じて、経済とはすぐ近くにあるということに気付いたことが大きいです。

ブログをやっていた

日記程度にブログをやっていて、旅行記だったり、いくつかamazonのアフィリエイトとブログに記載してやっていて、生活費とは別に使っていいお金がyoutubeとamazonで月10,000円はネットで収益を発生していたので。

ここが大切です。

投資の資金は生活費とは別の資金で行う

ゆとりを持ったお金でなければなりません。

それが毎月少額の3,000円や5,000円と無理をせずにできるお金でやることです。これなら毎月でも積立てできますので。

 

それと、ブログをやっていて一番分かったことは未来投資です。

youtubeもそうなのですが、記事を書いたり、動画をアップロードすると今は全く見られていなくても、それが半年後や一年後に活きてくることがあるので、amazonの記事を書いたりしますと月日が経つと収益が発生したりします、今はなくても将来には芽が出ると息の長い記事なります。それをブログを通じて分かるようになったことです。

身近な経済身近なFX

ドルやユーロではあまり感じないのですが、あんまり出回っていないお金は本当にFXで持っていかれます。と言ってもパソコンのFXではなくて海外旅行のFXです。

成田空港でお金を外貨に両替していくのですが、ロシアに行った際、最初は気にしていなかったのですが、2回目行った時に、成田でバカ高いレートでFXで1万ぐらい持っていかれるのがばかばかしくなって。

これは一回目なのですが、そこまでFXの知識も無かったので、気にしていなかったのですが。

ドルとユーロとルーブルを持って行きます。

2回目にある程度の外貨の知識が出来て、その時1ルーブルが1.90ぐらいなのに、なんで2.40も取られなくちゃいけないんだ?

この時は留学もあり、向こうの大学にルーブルでお金を支払わなくちゃいけなかったので両替しましたが、14,000円ぐらいレート手数料で持っていかれて。

それで、現地の銀行で両替してみて、びっくりしたのが現地の方がレートが良くて。

1ルーブル1.94円で、なんか成田空港って。って思いますね。このリアルトレード感はなんなの?場所によってこんなに違うなんて。

海外特有の窓越しの下からお金を入れて換えるあれです。

これも経験で、こんなんだったら成田空港ではお金を変えないよ。となりますので。ドルやユーロはレートが良いと思いますが、出回っていないお金はレートが悪いので。

知らない間に損をする感じです。

本当はクレジットカードでの海外キャッシュがいいのですが、自分の持っていたカードはことごとくロシアでは引き出せなかったので。ネットバンクのなんちゃってVISAではなく、本当のVISAやmastercardとかそうゆうのじゃないといけないなって。

海外行く時にドルとかユーロならどこの国でも両替してくれるので、本当に世界通貨ですよ。

そうゆうのもあり、身近なところで経済や金融を感じられたので。

経済活動に身を投じてみたかった

私は経済のことを考えることが好きで、自分から経済を回してみたい、国の景気の動向をこの目で見てみたい。そんなところから始まって、最初は消費こそ正義、消費しないと経済は回らないと思っていたのですが、経済か投資の本を読んで、貯蓄は未来投資、今は使わないけれども、未来に使うためにあるもので、未来の経済為になるというのを知って、ちょっと考え方が変わり、もっと身近に経済を感じてみたかった、その中に身を投じてみたかった、それがあまり知識が無くできるのが投資信託を始める理由です。

 

これらの経験が活きてから投資信託を始めました。

 

最後に

とにかく、投資信託をやればわかるのですが、楽しいです。

資金が積立しているだけでこうやってお金が成長していくのかと目に見えるのがとても楽しいです。

最初はお金も少額ですから動いても100円10円の値動きしかしないこともありますが、半年一年続けてみると一日の値動きが大きく変わってきます。1,000円単位で値が動くと正直びっくりします。

しっかりリスク回避の為の分散投資をすればとてもいい資産運用になります。

利息での入ってくるお金はたかだか知れて少額ですが、積立投資信託をすると銀行の利息の比ではない程お金が動いていきます。

投資信託は私は33才で始めたのですが、正直、なんでもっと早くに始めなかったんだろう。20代から始めていればとてもいい資産運用が出来ていたのではと後悔していますが、今からでも遅くなかったし、今はできることに喜びを感じています。

うまく投資信託をすれば将来の蓄えとして資産を残せます。

 

みなさまもいい資産運用ができるように。

 

次のページへ

初心者が資産を増やして育てていく積立投資信託の始め方

sponsored link

社会の経済

運用記




リンク

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    Ninja Tools

    カウンター




    

    sponsored link