大人とこどもの分岐点3期

旅をして、季節を愛でて、日々の生活とレビューブログ

散文が書きたくなったその心が新鮮

time 2016/11/23

散文が書きたくなったその心が新鮮

 

昨日の寝る前に、「なんか久しぶりに小説が書きたいなー」なんて思って。

でも、そこまで長い文章書けないから。

昔書いた時原稿用紙50枚分しか書いたこと無かったから。24歳ぐらいの時、無性に。

それでも大変だけど。

起承転結とかできないから、小説は無理として、ブログに散文でも書いていこうかなー。気が向いたら。

 

本なんてろくに読んでなかったし、短大とか大学時代からでしか本読んでないし。

小説なんて全く読まない。宮沢賢治ぐらいと哲学書しか読んでなかったから。

短歌が好きだったから短歌しか読んでないし。

 

散文ならいくらでも書けそうだ。

フィクションで持って行けるし、思ったことでもいいし。

 

なんか、カーテンから始まる文章が書きたいと思って、そう寝る前に思った。

 

文章なんて携わってもいないし、でも昔から日記と身の回りのスケッチをしていたから、それを大学の時の部活の飲み会の時に、文芸学科の同じ部活の女の子にケータイに書いておいた散文を見せたら、褒められたことがあって。

 

透き通る文章で、みたいなことを言われたような。

 

それで昔はよく書いていたけど、最近は全く2010年以降は全く書いてないし、そんな気持ちでもなかったから、ちょっと書いてみよう。

 

少し、芽生えた心がけはなんか新鮮だ。

 

っと思っていたら、大きな地震があった。

昨日は寝るのが遅かったから。

2016年11月22日6時15分。




 

 

これはいろいろ好きなバンドとかを引用して昔書いたものです。7年前とか。2009年ぐらい。

 

人が好きです。大好きです。ただそれだけです。

歌いたくなります。

花が咲いたのはいつ

夏が来た時に

夏が来たのはいつ

涙の後に

涙が出たのは何で

恋をしたからさ

恋をしたのはなんで

花が咲いたから

 

でも、好きな人は今は花と散りました。

涙をさようなら

君は人生において出会わないだろう魅力的な女性。

さよならなんて云えないよ

 

というような、こんな風なことや。

 

のどかだー

烏の鳴き声しか聞こえない

 

田んぼと畑と山々が深い黄色に染まっている

たまに通り過ぎるぎこぎこと自転車が

車も通るかそんなの御構い無し

高校生女子二人

自転車こいで楽しそうに話しながら帰る

 

私のもそんな時代があっただろうか

目に見える物は今したくてももう遅い

そんな青春

美しい青春はしたのだろうか

電車待ちの駅のホーム

ここは田舎だ

未々長い

風景だけでも青春しようじゃないか

2008/10/9/16:53

 

みたいなことをよく考えてはケータイに打ち込んでいた。

 

気が向いたらブログに綴っていこう。

 

sponsored link

down

コメントする




CD

to the world of our

wordpress

どっかに行く(近く)

やりたいこと

アクセス数

アニメ

アフィリエイト

サイトブログ設定

ニコニコ動画

ネット

写真

写真映像機材

友達へ

思想

思索

懐かしいこと

手紙

散文

日用品

未分類

植物

略歴

衣服

貯金貯蓄

音楽

食べ物

使っているレンタルサーバー

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.

amazon




Ninja Tools

カウンター



sponsored link