2017年3月の近所のはしぼそカラス

少し前に近くの電信柱にはしぼそカラスが止まっていて。

ここの止まっているところに、少し前の日にこのカラスと夫婦のカラスとその1年前に生まれた子ガラスが3羽で止まっていて。

ここの小さいスペースを飛び跳ねるように移動しているのがかわいくて。




 

1年ぐらいカラスに挨拶をしていたので、「こんにちはカラスくん」って。カラスも多分逃げなくなった。

手を振っても逃げないので。

 

この写真は3月5日だけど、もう、恋の季節なので、ストレスを与えないように、写真は撮っていないのですが、3月下旬に、ばさばさに羽が毛づくろいされていない感じのかなり太った様なカラスがテレビのアンテナの所に止まっていて、すごく太ってお腹が出ていて。

私は鳥の出産は知らないのですが、お腹の中に卵でも入っているのかな?

かなり1.3倍ぐらいまで大きなカラスになっていたので。

これから、温かくなったら、どこに巣を作ったのか分からないけども、巣で卵を温めるんだろう。

 

これからの5月にかけて、何羽の子ガラスがいるのか楽しみだ。

カラスに声を掛けて仲良くしよう。

夢は腕にカラスが止まってくれる、そんな仲良いカラスが出来れば。

カラスの寿命は15年から30年らしいから、仲良くお友達になりたいな。

 

地元の楽しみはカラスの観察とネットでのどのくらいお金を稼ぐかしか楽しみないからなー。

最近は証券が楽しみだけど。どれだけお金を伸ばすか。

 

でも、最近子ガラスを見なくなったんだよなー。まだ1才の。

元気にしていればいいけども。

 




 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
hashibosoをフォローする
大人とこどもの分岐点3期

コメント