2016北海道東北放浪6泊7日旅 その9朝焼けの朝香る増毛町2016年9月19日

国内旅行

遅くに寝たのですが、しっかり起きれました。

朝日がきれいで。

 

朝の清々しい匂いととてもよく、海の朝のみずっぽい匂いが香ってくるんですよ。

朝焼けが雲に色付けて。

とても増毛は居心地がいいです。

dsc_6905

あれだけ遅くまで起きていたオーナーさんは朝見送ってくれて。

とてもいい旅宿です。

オーナーさんと話す機会も普通にあるので、皆様も是非増毛に行った際には。

dsc_6911




 

dsc_6919

空気が澄んでいて、留萌方面の山々がきれいに見れます。

dsc_6922

増毛の街中。

稚内は人が多いですが、増毛は人が少ないので、風情があって、どこか懐かしい感じでいいです。

稚内も増毛も根室も大好き。

dsc_6930

dsc_6933

カラスがガウォークしています。

dsc_6935

カラスの行進です。

歩き方を見ればカラスは分かるのでハシボソガラスですね。

dsc_6941

dsc_6944

昨日は札幌で、今日は増毛で朝のお月様。

dsc_6950

朝の増毛駅はいいです。

人が少ないので。

こうゆうときに本来の駅の気持ちといいますか、いつもの日常がわかって。

dsc_6965

早朝なので車も全くなく、これが日常。

dsc_6972

dsc_6977

私の荷物をあそこに置いて撮影です。

dsc_6984

これが増毛駅のそのままホームという感じのとてもいい駅。

このような終点駅という感じで、来る価値が大いにある駅です。

 

これが昨日言っていた忘れ物です。

どのくらいこのままなのか?

最初来た時に、誰かいると思って、ここに座らないので。

dsc_6998

dsc_7000

昼間は人が多ので早朝が写真にするにはいいかもしれませんね。

dsc_7004

dsc_7008

ここで列車が来るのをスタンバって。

ここ、灯台が見えます。

昨日は気付きませんでしたが、ちゃんとポストカードではなく、ちゃんと肉眼で確認。

dsc_7015

dsc_7017

dsc_7033

dsc_7077

よく見る昔の駅舎の造りです。

記憶が定かですが、昔の原宿駅もこんなような感じだったような。

 

どこだとは覚えていないのですが、この造りはよく見ますよね。

dsc_7086

dsc_7087

列車が来ました。

dsc_7088

dsc_7090

dsc_7093

dsc_7094

dsc_7096

dsc_7097

dsc_7100

dsc_7102

dsc_7107

dsc_7110

dsc_7113

こんな間近で入ってくるのが見られるのも増毛駅の醍醐味かもしれません。

地面の位置から見れますので。

dsc_7121

dsc_7125

dsc_7128

人も大体このぐらいですよ。

 

いつもの稚内駅の人の多さをよく見ているので、この少なさがとてもいいです。

いい気分で乗っていられます。

dsc_7142

dsc_7149

dsc_7151

dsc_7156

dsc_7165

これで次来る時は増毛はバスなんだろうな。

無くなってしまうのはとても悲しいですね。

 

もしかしたら、100年後北海道が人口増えればまた昔のように鉄道が張り巡らされると思うんですよね。

そんな時代が来ればいいな。

 

バスと鉄道は全くの別物ですから。

dsc_7171

dsc_7177

dsc_7180

dsc_7182

これからまた内陸に戻ります。

 

増毛町、次はいつ来るか。

またその時まで。

 

次の記事

”http://otonatokodomono3.com/blog/2016/11/29/2016-summer-trip-hokkaido-tohoku-part-10/″

前の記事

”http://otonatokodomono3.com/blog/2016/11/22/2016-summer-trip-hokkaido-tohoku-part-8/″

 

 

 

 

コメント