失恋して最果ての稚内からサハリンへって変なこと考えた

Pocket

なんか考えることがあって考えたら、自分って変わらないなって思って。

 

自分が失恋した時に、最果てに行こうと2009年に稚内行ったんですが。

 

今回も失恋して、自分を変えたくて、樺太サハリンに行くことにして。

ロシア好きだから、って、樺太は間宮林蔵測量しているし、グレーな地図ですが、現サハリンに行けることは日本人として、伊能忠敬先生、間宮林蔵先生、宮沢賢治先生に思いを馳せることにもなりますし。

 

それで、よくよく考えたら、もっと最果てで、なんか、あの失恋した頃は、現実逃避のところあったけれども、今は、何かを変えたくて、のところがあるから。

 

行ってみて、どうなるか分からないけれども。

 

お風呂入っていた時なのか、いつだったか分からないけれども、昨日。

「あー、サハリンは日本の統治時代の南樺太と考えれば最北か。」って思って。

 

失恋をサハリンでって、あんまいないだろう。

 

おれぐらいだったらちょっとうれしいな。

 




 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です