本当のハロウィーンについて考えてみる

そもそもなんで日本のハロウィーンがこうなってしまったのかを最初に考え始めて。

メディアの影響が強いと思う

私が大学卒業の2007年はまだこんなにハロウィーンはここまで渋谷でバカ騒ぎをするものでは無かった気がする。
なんで渋谷がそうなってしまったと思うのも、くそメディアの偏向報道だと思う。
多分、始まりはサッカーの渋谷に集まってみんなで祝勝していることだとは思うけれども、それは2010年ぐらいなのかなー?なんて思ったら、銀杏の2005年のCDの


日本発狂にサッカーのことに対して、「渋谷のバカどもに」の所がある位だから、2002年のワールドカップなら。マジでテレビの偏向報道なので。
いい例として。

日本人は何でもかんでも鵜呑みにするから。
それと右向け右の精神で。みんなで同じ行動をするあれなのであって、今回の行為は悪い事なので、国民性とか言いたくはないが、みんなで同じ行動をすることは良い面も悪い面もあるから。
今回の渋谷は混乱時の略奪行為とさほど変わりなく。
自分がしたいだけの行為で渋谷に集まるバカどもと言う感じ。

ハロウィーンの意味

そもそも渋谷に集まるハロウィーンバカはハロウィーンの意味を知っているのだろうか?
私の知っている知識としては
ハロウィーンはそもそも収穫祭で今までの大地の恵みをありがとうと言う形。
多分、今までの収穫を祝い、これから厳しい冬になっていく。ということもあるのだろう。
今の時代は科学の進歩で、暖房も冷房も医療もあるから、その古い時代からことを考えると、毎年来る冬は大変だから。
その中でイギリスのあるどこかの村が、今のかぼちゃのハロウィーンの形になったと言われている。
私の知識ではここまでしかないけれども。

この間友達に会って。
博識のきれっきれのサハリン留学した時の友達なんだけれども。
「メキシコの死者を弔う文化も入っています」と言っていたので。
確かにそうだなーって。

それとキリスト教の文化圏での祭りという感じ。

知っている知識はここら辺。
それで、渋谷の仮装集団は日本のダメさ加減を世界に発信している様な感じにしか見えないから。

おれの好きな、パーフリ時代の渋谷はどこに?と渋谷は時代は直ぐ変わるから。

時代の象徴の渋谷

コギャルの時代もガングロ時代も、やっぱり渋谷が時代を映し出す鏡みたいな感じもするから。メディアによってつくられているものも強いけれども、これがずっと続いていくのか?とも思うが、日本人の備わった習性なら続いていくんだろうなーって。

早くこの間違った文化を終わりにしてもらいたいけれども。

例えば日本の文化を海外でやるのか?

いつも思うことが、日本のひな祭りや端午の節句は海外ではしないでしょう。
大体日本の花見が浸透してきたぐらいだから、日本の暦の行事なんて海外でやる人は日本好きの日本の文化を勉強している人だと思うから。
渋谷のハロウィーンをやるに当たって、あなたたちは農業従事し大地に祈りを捧げたのですか?
自然の仕事は本当に大変です。
それだから、収穫の時は盛大な祭りだったと、当時のことを考えるとそう思います。

今の時代インターネットがあるから。文化は流れるように出ていく。
恵方巻きなんて関東の人間は知らないし、無い文化の押し付けはしてもらいたくないけれども。
メディアが無かったら、こんなに広まっていないと思う。

日本人として忘れないこと

今のハロウィーンはこうだけれども、私の時代は服部君事件(日本人留学生射殺事件)です。
ハロウィーンが来るといつも思い出します。
自分が小学生だった時のことです。
今でも鮮明に覚えています。「海外は怖い」という印象を植え付けられました。
プリーズとフリーズを間違えて、撃たれた。しかも、かわいそうなことに、伺う家を間違えたんですよ。
本当に可愛そうなことで、それもあって、私はハロウィーンはよく祈りを捧げます。
こんな事件があったということも忘れないでほしい。

今回、この方のツイートを見て。
これどっかで見たことあるな?
早稲田の前の交番じゃないか。って。

本場の人のハロウィーン

あるべき姿はこっちの姿だし。

本当はどうなんだろうと自分の見解

メディア報道していない時代の生まれなので。インターネットが無かった時代はハロウィーンは日本には全くなかったし。
ボーダレスと言う感じかもしれない。
でも、あまり良くないとも思う。
文化の浸食と言う感じも。
言語が無くなる。とよく耳にします。それと同じ感じで、そもそもあった文化が無くなってしまうような。
面白いことに、新年って、あまり染まらないじゃないですか。
日本って厳かに新年を迎えるじゃないですか。
これは日本各地で渋谷のハロウィーンみたいな新年だったらどうします?
私だったら日本人を辞めます。
文化って大切です。
昔は娯楽は無かったから映画を。と言う時代を知っています。
今はネットがあるので何かしらボーダレスで世界と共有できますが。
稚内に映画館があるのですが、地元の人にとってそれと楽しみに生活している人も沢山います。
風土と文化は合わさっています。切っても切れません。

今回のハロウィーンは日本が日本ぽく無くなってしまう。文化でもあります。
1990年代は恵方巻きも無く、ハロウィーンも無く。日本の十五夜とかひな祭りとか日本の作られていない、そのままの古来の文化があってとても良かったです。

私の中のハロウィーンはtwitterの中の絵師が書くハロウィーンはだけで十分です。寧ろ、ツイッター祭りみたいで、渋谷ばかりに目を行きますが、ツイッターの中のハロウィーンはとてもいいですよ。

これを機に、何なのか考えてみたいです。

余談なのですが、ロシアの見解のハロウィーンはロシア教育省が「ハロウィンは子ども達の壊れやすい心には有害である」との見解を出した。と。
おそロシア。

コメント