2018年冬季アルバイトを振り返って

日々の生活

アルバイトを振り返って。
最初に目標を立てて、実際に、どうだったか。

スポンサードリンク

2018年冬季の目標

2018年11月19日に書いた記事です。
http://otonatokodomono3.com/blog/2018/11/19/you-can-do-your-winter-part-time-goal-yourself/

一つ
今年は本当にお酒ばっかり飲んでいて、月に2回飲まないとかそれ以外はほとんどお酒飲んでいて。
それと、本業の仕事前に眠れないからウイスキーをガンガン飲んで、「やべー、つれー」なんて思っていたから。
ちょっと、びしっと決めて毎日を過ごさないと。

と言う気持ちで臨んで、実際に。
全くお酒を飲まなかった。
仕事が辛かったのもあるけれども、飲まないと決めた意思があったから飲まなかった。クリスマスとクリスマスイブだけお酒を飲んだ以外平日は飲まなかったし、土曜日は次の日仕事が無いから、その時は飲むという感じで、多分計5回6回しか飲まなかったと思う。
仕事が忙しくて、2週間お酒飲まなかった日もあったから、本当に良かった。
お酒を飲まないはできるもんだな。

二つ
出来るだけ早めに寝よう。
おれはいつも3時4時に寝て仕事行っていた感じだから。
冬はそれだと死ぬし、1時台には寝られるようにしたい。
ぼーっとする時間を作る。
体は資本なので、壊さないように。休む。

大体お決まりの寝る時間は毎日2時半。
本当に疲れていたら、1時半。
前の日が0時越えの労働だったら、1時。
0時越えの日は4時半とか。
まあ、多かったのが2時半3時半だったような気がする。
9時出勤なら7時20分起き。
8時出勤なら6時半起き。
12月29日の5時半は流石にきつかったけれども、2時半は意外と早めに寝れていたので良かった。

三つ
ネットを更新する。
と言ってもこのサイトは更新していないけれど。
この日々の辛かった仕事を書いていくのもいいし。
去年は辛すぎて、なんか途中で戦意喪失した感じだから。
大変な一ヶ月半だから、本当に頑張ろう。
長く体を維持するためにはマラソンみたく、オーバーペースでやると、後々しんどいので、ゆっくりと。

意外と更新しなかった。
最初の11月中に自分の服サイトやファッションサイトを更新したぐらいで、本当に辛すぎて更新できなかった。
youtubeは意外と辛い中でも上げていて、土曜日、日曜日、月曜日とそこらへんで上げていたんだけれども、月曜なんて眠すぎと疲れで、視聴者の為に気力で上げていた感じだった。

このブログは本当によく更新したから、頑張ったともう。日報みたいでしっかりやった。
やっぱり書くことで、会社のくそみたいなところの対策が立てられるので、今回、それが本当に役に立って良かった。
全ては顧客の為なのに、会社に属していると、本当に分からない、金を稼ぐためだけにしか、クレームを出さない為にしか考えていないようなくそったれが多いから、今回、色々なところで戦ってこれたのも、毎日、自分の自力を信じて精進して、ちゃんとした行いをして、お客様に提供しているのに、それをぶち壊す長だったり、無能な社員どもに、戦えたことは本当に良かった。
ブログを書いていると、その時は流しても、やっぱり、むなくそわるいぜってなるから、次の日はどうやったらダメージを与えることができるか?それを考えて仕事していたから。
いい、仕事が出来たから、今に至っていると思う。

良い気持ちで12月31日を迎えられればいいな。

頑張ろう。
怪我しないように。

本当に仕事をした感、やり切った感が強くて、いい気持ちで12月30日、29日を迎えられて。
12月27日の楽しい袋詰めを2階でやった時から、やり切った感と、もう、袋詰めだけと言う感じで。そこで、御歳暮シーズンは終わって、いい気持ちで仕事が出来たと、軽い世間話ができるくらいの仕事になった気がする。
ラジオ的な。

思い出

チーム
最初は初日の4人のチームで皮むきをしたこと。
私と、あの方と発送ホーム見習いとうとうとタイムの方と大量の皮むきをしたんだけれども、見習いさんとまともな話をすることがそんなにないから、人はいいけど少し無能な方なんだけれども、結構、仕事もしてくれて、まともな話もしていて、いい一日で。よく覚えている。
いつものおやびんルームでずっと永遠に皮むきをしていて、暑すぎてTシャツでやっていたから、頭おかしいんか?って言われながらも、みんな服を脱いで皮むきしていた。

何かをするにあたっても、私たちはチームで動いていて、信頼の上で成り立っている。
それを、装いだけの人が間違って逆さの向きにしてしまって、詰んでしまって、それを包装すると顧客に逆さに届いてしまってクレームが出て、長はそのラインの責任者を怒り。責任者は本当に悲しい気持ちに。

これを作るのにあたって、生産の元の素材や生命、それを作る人、それと商品にする人、それと梱包して包装して、寒いところで保管して。トランスポートして。
様々な人の行為の元で成り立っている。

私はそれとバトンだとも思っているし、お客様に提供するために、人が繋いでいる。
自分が最初にバイトに来た時に、発送ホーム見習いが、ぽんぽんポンポン作った物を投げていて。
それは作った人に対しての侮辱に値するし、それを包装や梱包した人が私は誰がやったのかも分かるから。「てめーなげんじゃねーよ。商品なんだかんな」と怒ったことがあるんですが、やっぱり、お客に行くものを丁寧に扱いたいし。お金払っているから、満足行くものとも思っている。
だから、くそみたいな人には自分が模範となって行動することで見せつけになって、いい方向に行く。
でも、分からなかったら、口で言う。ダメージを与える。
傷口に塩を塗る。
そうすれば、バカな会社の悪しき習慣に染まった方も直る。とおもうけれども、バカはバカ。

だから、今回はかなり塩を塗ってやった。

その無能な新入社員に、「こんなの客に届ける社員の気持ちがわからねえ。記号シールの貼り方教えましたよね?最初に教えて、10個逆さに貼って、しかも、それを自信満々に、『私はきれいにはがすことが出来ます』と言って、ケースが白く、びりってなってるじゃないですか?こんなの客に送って良いと思うのですか?」とまじで怒っていたら、おやびんが話を流してしまったから、そこで終わってしまったし。
その装いだけの人はいい格好だけして、靴はそろえない、服は脱ぎっぱなし、破損した物も客に平気で送ろうとする。
その自信はどこから来るのか?って。「次の所長は私ですね」って。

「また、林さんに会いたいです」「そおー、来年いないから(俺はお前に会いたくねーしな)」
載せる向きも間違えて、破損しているものも平気で使うところが、「ここの会社はこんな社員しか居ないのか?」って、今年の新入社員は靴が臭い人、ブランド物で身を固めて、中身が何も無い人、ちやほやされて、マドンナの様だけれども、食べたものは片付けない、毒しかはかない人。
本当に大変だった。
誰かを信頼して、それを次に渡しているのに、こんな出来ない人が居たから、みんなでなんとかしよう。となったから。
それからは本当にいい、お客に届ける為だけにやっていたチーム。

お金を稼ぐって大変ですよね。
それが時給950円でそんなに働いてもお金にならないから。

また、働くについて考えそうだな。働くの答えは分かったから、夏のバイトで。今回はお金に付いて考えてバイトをしていこう。そう思った。

なんて書いているけれども、忙しすぎて、全くお金のことを考える余裕すらなかった。
あんだけ働いても残業して余裕で80時間行っていても、21万しかならないんだもの。悲しいよね。
でも、社員になったら自由が無いから、まあ、いいんだけれどもさ。

ショウワのグリップ手袋ライトのLサイズは本当に重宝した。

初日にMを使ったら、小さすぎて、その日に買いに行って、Lサイズを買ったら、もう、使いやすい使いやすい。
手はかさかさにならないし、段ボールをつかんでも滑らない。

このバイト中に3個買って、段ボールをむいたり運んだりする、常用とセットする時のきれい用に分けて使っていた。
最後の方に一番最初に買ったLサイズが臭くなって、洗っているのに、最後の方は洗う暇も無かったから、惜しみなく新品を使っていた。
とてもいい。これを付けた状態でシールも剥がせるし、貼れるし。本当に良かった。

働くとは時間が無くて、時間とは有限と思って。
24時間は増えないし、1日は絶対24時間。
その中で、仕事の時間が8時から0時まですると16時間は使えなくなるし、通勤やお風呂や睡眠や食事なんてその時間で一体どうするの?だから有限何であって。
時間を大切に使うことは今後の人生も大切に使うことができる。それだから時間はとても大切。

ちょうど10年前に聞いていた曲なんですが、バイトの最後の方思い出して聞いていたんだよね。

まあ、時間って大切ってことなんですよ。время

相手のことを思うことが多かった
この商品はあの方が取るから6段、あの方が取るから4段。とか。

段ボールのゴミは前の日に出すようにする。
黄色のロールパレットが無いから、「これは寒い倉庫で温めて置いた台車です」と今回何度提供した事か。
かご車が無さすぎて、総務に電話したし。

誰かが困っていたら、何か差し伸べるそんな今回のアルバイトだった。

仕事中の自分の長おやびんと話で。
「あの方は新しく入った人に教えるのがうまくて、それが苦になっていたら、ほんと申し訳ないですよね」とか昨日話した。
よくけつの方でやってくれる方で、こんなことを始まり当初に思ったけれども、最後の最後まで、本当によくやってくれて、29日の女性陣の最後の日まで来てくれて、本当に頼もしいラインの方で。今回はハンコもあげて。
みんなの助け合いで成り立っている。

体の感覚がおかしくなってくる
11月29日21時残業でつらいなー。と書いてあるのに。
今回のバイトは0時越えは結構あったから。22時は当たり前、21時台は早い方。

ほんとうにおかしくなりそうだった。

面白いことも沢山あった
包装の所の方で、はんけつの話は一番面白かった。
あそこの包装チームは本当にいつも面白い。

手袋がぱくられたとか。

社員が無能すぎた
2階のゴミが片付けられなくて、所長に「あなた所長なんでしょ?あなたが指示を出さないでどうするんですが?私が社員のゴミを片付けているんですからね。ここの社員は無能なんですか?ゴミも片付けられないんですか?」12月12日にこと。
自分のラインによしだ二世が来て、早く、どっかにいなくなれよ。とか思いながら、「おそーい」っと言われて。
おれは、6商品入れてるの、お前は見ただけしている分際で、死ね。なんて心の中で思っていても、私は直ぐ言葉に出してしまうから。
他の所から来ている社員はちょっと頭がおかしくて。
自分のラインの所に黄色かごを自分たちが使うように、3つ用意していたら、全て部外の人が使って荒らしまくって、帰っていって。
それも12月12日のことで、そこから社員叩き月間が始まって、悪しき社員は叩く。アルバイトにごもっともなことを言われる社員は死ねばいいのにって。
今日は発送の方が居なかったので、とてもとても大変だった。
自分のラインのところには全く入れないで、唯一かごを届けに行っていたような気がする。

違う勤務先の方が応援で入ったりしたけれども、長がポンコツだから、教えるぐらいなら自分でやったほうが早いから、なんでこんな時にこんなことをしなくちゃいけないんだって。
今日なんて、長はかごを落としちゃうし。
ジャッキは押すんじゃなくて、引くものです。となんでおれが所長に教えなくちゃいけないんだよ。
2階に運んでくださいって言ったのに、エレベーターの前に4個口の4個目が置いてあるし、マジでやめてくれよ。その前に上にあがった時に、「物が上がらないなら終わりました」と違うところの人に言ったばっかりなのに。
本当にポンコツだし。こっちは仕事あるのに、入荷や発送の休んだ方の代わりの仕事していたら、「盛岡に出すのがあるからやれ」と言われて。できないです。って言ったら。頼むよ。って言われて。めんどくさいから、即効で終わして。マジで所長はぽんこつだから嫌だ。

http://otonatokodomono3.com/blog/2018/12/14/fooling-an-incompetent-employee/
今のくそ所長にもむかついて、前々所長にもむかついて。
12月14日。

ものがたりないといわれて。郵便局担当の方が困っていたので、19時くらいから、一人だけだったんだけれども、100セットつくろうと。作って。
そしたら所長が来て。うざいから逃げて。それでも邪魔しに来るから、倉庫を並べたり、別のところでモノを数えたり。やった作って、ボスの気持ちを考えて。同じ気持ちになれた。途中発送の番人が手伝いに来てくれてマジでいい人。

その後社員どもが来て。私らがセットアップしたものを日付の前と後に別に分けておいておいたら、社員の方が送るようにやっていて、それがいろんなところからの応援なんだけれども、終わって。私は戻って、片付けたら、前の日付が使われていなくて、そのまま置いてあって。

本当にムカついたから、「前の日付を二箇所に商品にも、かごにも書いてあってわからないんですか?社員なのにわからないんですか?」と。
「あ、ごめん」って。言われて、少しは自分でも納得した。

しかし、その次の日、2階に商品とボトルを全て持って行って、1階の私たちは使えない状態。
その日入ってくるから。って言って、社員優先で。私たちはゴミと思って、捨て駒だと思っている所長。
それで、2階に持って行った商品を片付けないで、そのままで、期限が来てしまって。もう出せなくなってしまう無能っぷり。
最近無能な社員どもに、言葉で皮肉をいうのが結構楽しい。「社員なのに?」って。
社員なのに片付けもできないんですか?社員なのに、食べたものを片付けられないんですか?食べ物を食べるために仕事しに来ているんですか?
「えっ、そんなんで給料もらってんですか?お笑いだね」ってな感じ。
友達の社員に「くそ社員が」とアルバイトから言われる気持ちはどうだい。と聞いている。

見返すといろいろなことがあって。
段ボールのケースがあって、それ専用に作ったケースで、それが無くなって、他の何番で代用できますよ。とダイターン先輩が言ったら、それが、もう、そうゆう風にダイターン先輩がしろと言ったかのようになっていて。
「おい、早く、もう一度総務課に電話してこい」とげきおこだったり。

今回はトラップカードや将棋の2手3手先を考えて社員叩きを考えていたから、絶対社員と所長が来るところの商品の前で邪魔するように社員が犯した失態を数え直したり、見えるように視界に入るようにしたり、逃げ場を作らせないダメージの与え方を常に心がけていたので。工場のせいに、入荷のせいに、発注のせいに、資材のせいに。
何処のせいにもさせないで、社員と所長のせいにさせる為だけに12月12日ぐらいから戦っていた。

棚の日に総務に電話したのか。土曜日だったのは覚えているし、その週から派遣が来ているのは覚えている。12月15日に総務に電話していたから、もう、ダメージを与えることに専念していた。

人がとても優しかった

今回は仕事しやすい場の提供と思って、まあ、理由はありまして、くそ所長にいつもひどいことを職場のみんなが受けているから、自分がみんなが仕事しやすい場を作ろうと、かご車とか場所を作ったりとか、そうゆうのもしたり、自分は飴をあげたりして、休みの日には大量に買ってくるのが今回の習慣で。

飴の交換をしてもらったり。
ダイターン先輩は22時を過ぎると車の窓が凍っているから、凍り取りスプレーとか。

とても寒いところから来ている年配の方からうどんを貰ったり、29日にウイスキーを貰ったり。
今回、4人の方にハンコを作って送ったのもあったんで。




うちのラインの最後の方を担当している方からも貰って。


包装の2エースの冬しか来ていない方からも貰って。

city boy君からも貰って。2番目に好きな飴って。

色々な方からの貰い物は大変うれしいです。気持ちだけでもいっぱいもらいました。

1ヶ月半はあっという間だった。
最初、無事に乗り切れるのか?って思ったけれども、楽しいとは言えないけれども、みんな終えて帰る時に、「楽しいギフトをありがとうございました」と言って。くそな所長、無能な社員どもの中で仕事をしたから思い出に残るいい期間で。記憶には残ってとても良かったかもしれない。
自分も、「お前はよくやった」と言われるから、ちゃんと仕事したんだろう。

そこで、今季を終わりにしたいと思います。
いいギフトでした。
今回は音楽聞いていないけれども、思うとしたら。




では。

話の分からない大人が多い。
自分の正義を貫くまで。
正しい行いをしている人が何故報われない?
それが嫌でただ頑張っただけなのかもしれない。
筋が通っていないことが嫌だった。
それだけ。

それと、肉体労働なので、手のひらや指が厚く硬くなるし、爪が硬く厚みが出てくる。
手のひらが厚く硬くなるのはなんか嫌だな。

コメント