クリムト展を見に行って本当に良かった

2019年7月7日

1時に疲れて寝てしまって、5時に起きて、お風呂入って、洗濯物をして、干して、少し寝て、また洗濯物をして、2回目の洗濯物を干してから、前々から見たかった、クリムト展を東京都美術館に見に行き。

11時7分の電車で。

上野は雨で。

行ったら、氷の彫刻の大会がやっていた。

いい空気感の体に感じながら、東京都美術館に行ったら、50分待ち、入るのがとても大変で、結構並んだ。

中に入ったら、もう、本当に着て良かった。

ヘレ-ネクリムトの肖像やユディトⅠを見ることが出来て、本当に良かった。

個人的には女ともだちⅠが一番好き。

びっくりしたのが、自画像を一度も書いたことが無いという。

西洋は自我の哲学なので、自画像は描きそうなイメージなのですが、描かないっていうのがすごいと思う。

愛のある展示だった。

見ていて、愛なんだなって思った。

結構長く展示も見て、ポストカードや展示の本を買って、ゆっくりして、おむすびとビールとパンを買って、電車に乗って、15時55分の電車。
その中で飲むお酒がおいしかった、1本じゃ足りなかった。

17時15分くらいに駅に着いて、家に着いたら、眠くて、直ぐに寝た、そしたら21時まで寝てしまう。

それでも疲れが取れないから。

クリムト展は疲れていた中でも、見に行って本当に良かった。

コメント