2017北海道好きなら冬に行かないとの5泊6日旅 その17稚内の好きな場所2017年2月1日

国内旅行

静かで、全く人がいないので。日常の喧騒から解放される冬の稚内です。

これから自分の中で稚内で一番好きなところ。っていうか、自分の中でも5本の指に入る好きな場所です。

そこに向かいます。

まあ、ほぼ着きました。

一番好きな場所。

冬だから分かりにくいですが。

前に稚内の人に、「ここが好きなんですよ」っと、話をしたら、地元の人も、「あそこは朝散歩するのが気持ちがいいよ」と言っていました。

車は通りますが、日本で味わえる極寒の地という感じで。とてもいいですね。

ここ、本当に好きだわ。




冬だから全然分かりませんが。夏だとここは芝があって、野花が咲いててきれいなんですよ。

ここなんて海に行ける段差のコンクリートのところとなのですが、雪が多くてよく分かりません。

雪が積もっているところが芝生の所です。

カラスがいます。

カラスが飛び跳ねています。

一番好きな場所はここにひっそりたあるベンチが大好きなのですが見当たりません。

あっっっったぁーーーー。

これが稚内で一番好きな場所。というか、人生の中でも自分中でも最も好きな場所に入る。

海に向かってあるひっそりとあるベンチ。

 

ここのベンチの周りには芝があり、目の前は海にそのまま出られるコンクリートの段差があって、船が停泊していて、子どもたちが海に入ったりしていて、ここで遊んだりして、漁師さんが昆布のなんかをやっていたり、ウミネコがテトラポットにいたり。

 

たまたま思い当たったのが、昔音源を撮っていた時があるのでその時のです。

優しいウミネコ

夏と冬とでは全然違いますからね。

 

一番最初稚内来た時は恋煩いで、取り敢えず現実からどこかいなくなりたい、と思って、取り敢えず一番北に行くか。と鉄道で稚内まで来て。

その時に、ここで缶コーヒー飲みながらぼーっと海を眺めて。

それからここが大好きで、稚内で時間があったら来るようにしている。

今回の前はここで友達お酒飲んでトウモロコシ食べたりした。

とてもとても大好きな場所。

冬はこうだけど、夏はとても気持ちがいいんですよ。

私は一日半日ここに居られる。

お酒とコーヒーだけあればずっと居られる。そんな場所です。

気付かなかったけど、ひっそりと在って。

哀愁あって。

電柱の向こうなので全く分からないですよね。

冬にもこの場所に来れて良かったです。

なにか、大地と対話出来そうなそんな場所です。

だって、海に向かってあるベンチだなんて素敵じゃないですか?

しかもそのベンチが立派な作りしているんですよ。

 

稚内の人はなんとも思わないと思いますが、本州から来た私なんて、「なんて素敵な場所なんだろう」って。

一番初めに来て思いましたけども。

きれいな場所ですね。

一人、船の海の方から漁師さんが来たぐらいで、人には会わなかったなー。

20分ぐらいここに居たと思うけども。

カラスを見ているのが楽しかった。

カラスも楽しそうに雪の上や屋根の上で遊んでいたし。

 

名残惜しいけども、あまりにも寒いので、大好きな稚内の海に向かってあるベンチの場所から移動します。

次は夏かな。

また来ます。後、何回来れるか?っていう感じの場所ですよね。

遠いから、来るだけでも。でも、音撮っていたりも4回はここ来ているから。6回7回ぐらい来てるかな?

稚内自体は2009年からで9回来ているから。

何回も来たい場所ですね。行きやすいし。

稚内公園の先は行きにくいから1回しか行ってないけれども、ここは駅からも近いし。簡単に行けるし。

今年の夏に来れたらいいな。

また違う行きたい場所があるので行きます。

フェリーが欠航になって、余った時間なので、稚内を気ままに思うがままに味わいたいし。

大好きな稚内のユースホステル稚内モシリパYH。

また泊まりたいな。

鳥居の周りに竹で雪防ぎみたくなっていないかな?

稚内の商工会議所ですって。稚内の経済の中心みたいなところですよね。

よく通る場所ですけれども、あまり気にもしなかったです。

カラスがいっぱい。

森林限界みたいな感じで、カラス限界ってあるのかな?

ロシアのウラジオストクには鳥はいたけども、カラスかは分からなかったけれども、ハバロフスクは鳥を見なかったな。

よく来た稚内郵便局。

稚内郵便局も好きだな。

 

また次に続きます。

 

次の記事

”http://otonatokodomono3.com/blog/2017/04/20/2017-winter-trip-hokkaido-part-18/″

前の記事

”http://otonatokodomono3.com/blog/2017/04/09/2017-winter-trip-hokkaido-part-16/″

 




コメント