2016年年末の池袋高田馬場新宿その3池袋から新宿の酒飲み

お酒

それから池袋に向かいました。

池袋は学生時代本当に青春を謳歌した街です。

大好き池袋、池袋無しでは語れません。

江古田に住んでいたので、西武線で池袋、大江戸線で新宿と本当によく来た街。

冬の池袋はたまりません。




 

記帳したくてUFJに。

冬の光は柔らかでいいですね。

P’PARCOの光がいいです。

ニコニコ本社に来ました。

10周年の祝いコメントでもあるかなーと思ったら、なかったのでに書きました。

これが書いたものです。

青字が私の書いたものです。

買いたいものが特になかったので、がちゃがちゃでもやって。

かなりやりました。

ニコニコ本社に来たから、原宿にあったようなスタンプが欲しくて、今日、タブレット持ってきて、調べたら、池袋にはニコニコスタンプがなくて。結構がっかりで。

エスカレーターの端にPARCOwi-fiが書いてあったので、繋げてみたら繋がって。

友達のメッセージが届いて。

ファミマなんかよりもデパートだと思った。無料wi-fi

外に出て、これから新宿です。

池袋の夕方もいいですね。

新宿に着きました。

16時15分。

もう足が痛くて、合わないスニーカーを履いてきたので、まめができて、もう歩きたかった。

西口に出て、郵便局でお金下ろして。

西新宿を歩いて、これから東口に。

都庁がきれいです。

行ったことないけど、新宿にゲーマーズがあるんだ。知らなかった。

ルミネに入ったんだけど、そこでルミネのwi-fiを使おうとしたら、全く届かなくて。

歩くのが疲れたから喫茶店とルミネのスタバは混んでいたので、ビックロのところの喫茶店へ。

にこにこぷんのがちゃがちゃがあったからやった。

ここも混んでいたんだけれども、ここのいいところはビックカメラなので、wi-fiがガンガン入ってくる。

すごいスピードで見れるのでいい。

ここでメッセージ待ちをしていた。

ここにいる人はみんなパソコンとか本読んでいたりとか、通信をやっていた人も多かった。

友達と会って、西新宿に行って。

4月振りに会った。

とても面白かった。

旅の話とか、ネットの話、アニメの話をした。

覚えていることが、ネットでのコンバージョンのことと、パブロのスペイン人のこと。そんな話をしていて。

ウイスキーはまずかった。よく行く店なんだけど、薬みたいな味だった。

西新宿のやまとなんですけど。

時間ですよと、がらがらなのに外に出された。

安い居酒屋に入ったので。私がお金ないから、それに合わせてくれて。西新宿は詳しいので。

それで、その後、クロワッサンの店に行ったら混んでいて、初めて思い出横丁に行って。

海外の方が多いのよ。と友達に教えてもらったら、本当に海外の方が多くてびっくりした。

空いていた入ったお店が埼玉屋。

結構居心地がいいお店。

後ろのお客さんがお酒に酔って、私の背中に何度も倒れてきたのですが、それも味わいで、優しいおじさんで、お店の人も、「今日は飲み過ぎ、すいませんねー」ととても昭和感が出ている居酒屋。また来たい。

ホッピーの味もほんと懐かしい味で。

塩の焼き鳥。

懐かしいフランクフルト。

帰る時間があるので、長居できず残念だったけど、とても良かった埼玉屋さん。

 

新宿で乗って。

埼京線に乗ったら、誰の真似なのか?「伸び白ですねー」と話していた方がいて、そしたら周りのおじさんは大爆笑。

私はそれが誰だか全く分からなくて。

その車内はその人の漫才の様で。

最近してないんですよね。そっち元気なくて。とか。

みんなで知らない人で笑っていて。みんな池袋でおじさん達が下りて。私とその方は赤羽まで野球とサッカーの話をして。

千葉ロッテと浦和レッズの話。

その方は京浜東北線なので別れて。

お酒でとても愉快な車内でした。

満員電車でですよ。

それから帰って。

もうこんな時間で。

クリスマス使用の小金井駅がきれいで。

それで帰って。

結構酒飲んだけど、そんなに気持ち悪くなく。

普通に起きていて、風呂入って5時ぐらいに寝たような気がする。

 

楽しかった。行きたいところと、友達に会えて。

また来年だな。

ずっと続けていきたい年の行事です。

 

次の記事

”http://otonatokodomono3.com/blog/2017/01/24/ikebukuro-takadanobaba-shinjuku-at-the-end-of-2016-part-4/″

前の記事

”http://otonatokodomono3.com/blog/2017/01/22/ikebukuro-takadanobaba-shinjuku-at-the-end-of-2016-part-2/″

 




 

コメント