留学の時間が迫って、内心どうしようとどきどきしてきた

Pocket

昨日夜、留学案内のメールが来て、来なかったからどうなのかなー?って思っていたら、来たのでほっとしているんですが、時間が無いのか、パスポートは成田で手渡しになったのですが。

それは、一回ロシアに行ったことあるから、ビザとかバウチャーとか大変なのは分かるのですが、親に言われて、一番の失態をしてしまって。

「パスポートのコピーをしていない」

今年新しくパスポート作ったのだけれども、コピーと取るなんて全く考えてもいなく。

まさかパスポートが成田渡しなんて思ってもみなかったから。

成田に行ったら、コピーとしないと。パスポートとバウチャーも。




時間が迫ってきて、普通に英語とロシア語の勉強をしているのですが、気になって、「ロシア 暮らし方」で調べたら、留学の方はなんかほとんど上智の方で。

それを見て、「やべー、外国語専攻じゃんかー。普通に習ってもいないのに行くのはかなりのサバイバル一人海外みたいな感じ。ロシア語分からないから。単語も文法も知らないし。」とかなりハラハラで。

行ったらどうしよう。ちゃんとやっていけるかなー?

 

それで、ロシア語勉強している時に思って。

向こうに行ったら、経緯とか話すと思うから。

「好きな子に振られて、人生の路頭に迷って、好きな子がどんな景色を見たか見てみたいから、自分を変えたくてロシアに留学しようと思いました。」

って、英語で言えるようにしておかないと。

後、ロシア語で私は欲しいと言って、愛がの愛の所だけ英語で言ったりすると笑い取れるかな?なんて勉強しながら考えて。

後、ロシア語の発音のひびきは本当に好き。

本当に美しい言語だと思う。

ひびきがきれいすぎて。

それと、多分、aとяの語尾だと女性形の名詞だったか?

私の名前をロシア語表記するとaとяが入るから女性形の名前だなー。とかそんなことを考えながら勉強して。

 

まー、何があるのか分からないけれども、留学なんて経験無いし、未知だから。

行く前の何もイメージの付かない物は本当に楽しいから。

 

自分がロシアに行った時、「どうしようどうしよう、外務省の危険度のところにイエローでロシアが書いてあって、それで、犯罪に巻き込まれたらどうしよう」なんて思っていたら、行ったら、このハラハラする感じは結構好きで。

しかもかなり楽しかったし、ロシア人はいい人だし、ロシアの大地最高。ってシベリアと叫びたくなるような感じで。

 

今回もどうなるか分からないけれども、一回ロシアに行ってるから、免疫は付いているから、いろいろ文化を自分のものにできればいいな。

 

今は未だ未知。未体験だけど、行ったら経験しちゃうから、初々しいロシアの気持ちは忘れちゃうのかもな。

 

桃岩荘という、ヘビーは旅宿もそうだけど、最初の気持ちと何度も足を運んだ時の気持ちは知りすぎて違うからね。

そうゆうもんなのかな。

 

サハリンだからはるかに日本の上。礼文、稚内を余裕で越えるし。

 

間宮林蔵と宮沢賢治はどんな気持ちでこの地を踏んだのかなー?

なんて、行ってみたら考えてみよう。

 




 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です