時給が安いか高いかの判断の仕方は求人サイトを見比べることと自分の住んでいる立地も考える

アルバイトや派遣をして、パートタイムジョブの働き方で思ったことをネットのアルバイト探しをしている高校生や主婦の方が役に立てばと思ってこのページを書いております。自分の経験したことなので参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

時給について

時給950円ってどうなのかなー?

私は950円は安いと思っています。その時給の考え方も人それぞれです。

昨日か一昨日、職場のグループが、「時給950円は高いよー」と言っていて(その方はJAで同じ時期にバイトをしていて、JAは800円に比べたら)。

私は東京とかの感覚だと、1200円ぐらい行かないと少ないかなー。なんていう気持ちがするけれども、私の住んでいるところ、栃木県では950円は高い方だと思うけれども、私は「少し少ないなー」って、仕事にもよるけれども、肉体労働も入り950円は安いです。でも、自分の住んでいるところの都道府県年収ランキングや所得ランキングが高いところほど時給は高くなります。仕事の内容は別にして。

例えばレジ打ちが私の栃木県だと800円や700円台の値段であります。大変安いですよね。

それを考えると950円は高いし。

まあ、サハリンにロシア語の留学に行くからその為のつなぎみたいなものでどうしてもお金欲しくて、「辞めない」と言う目的だけで選んだから。

そんな邪まな動機で仕事を選ぶ理由にもなりますし。実際サハリンに行く前に貯めた2017年6月1日~8月31日までです。時給950円のバイトだと38万円です。
会計ソフトで作った物です。

 

話を戻しますが、グラフの雑収入がアルバイトで37万円。売上はネットの収入なので、5万円。

950円の時給で37万円貯めました。

その前の辞めたバイトが時給1000円なんだけれども、会社がくそで、タイムカードも無くて、会社の社内規定みたいなものがない会社で、代表の考えが全てみたいなところだったから。それで、人と会社が合わなくて、直ぐに辞めて。

それなので、今度は辞めずに最後までしっかりアルバイトで勤め上げようと思って、今のバイト先になったのですが。とてもいい職場で、絶対辞めない様な職場で。

私は割と時給で判断しないから。

本当は高い方がいいけれども。

高い時給に就いたことがない。




郵便局1100円(東京)、と○や(ようかん)1000円(東京)、この前の派遣の夕夜勤920円(栃木)。

ここ本当に良くて勤め上げたところ。

 

それで話を戻すと。

同じグループで働いている人が、「JAなんて800円だよ、最低賃金だよ。私なんかよりも70才の方が元気に働いているんだよ」なんて言っていて。

確かに時給800円は安いなー。それに比べれば高いよなー。なんて思って。

今回私はお金よりも長く続けられて、職場の環境に合うかで選んだので、本当に良かったのですが。

東京でさー、調べたら、1600円とかあるからねー。

今はネットで調べられるから。

私は栃木県なので、今は775円なんですが、他の宮城県とか派遣で調べた時に750円とかありましたからね。

だから、他の県に比べれば。なんてのもあるけれども。

栃木は割と高い方だと思っていたら、意外と低かったなー。

 

2016年は715円ぐらいが最低賃金だなー。

 

私は高校生の時ラーメン屋でバイトしていたのですが、その時630円で最低賃金よりも低い金額でバイトしていと当時のことがありましたんですが。その時に比べれば。

当時はそこしかバイトできなかったから。足とかのこともあって。車とか無いし。

あまり気にしないけれども。

630円とか600円台って本当に考えらんないですよね。

逆に、雇用主から考えると、妥当な最低賃金がいいですよね。

あんまし高すぎると中小企業がつぶれたりしてしまうので。

うち、自営業なのでよく分かりますわ。

まあ、要するに働くことは大変なんですよ。

今のアルバイトは本当に時間が進むのが早くて、助かるのですが。

その逆の発想で、大企業で時給が良かったり交通費や、手当なのだ良ければいい会社でしょう

 

これを正規のアルバイトでやったから、交通費も出て、対応も良くて、時給950円で。って感じですが。

派遣のスポット(その日だけ。分かりやすいのだと日雇い)になると、先ず500万の壁が出てきますのと、栃木の場合は交通費が出ないことが多くなって、しかも時給が安くなるので。

それと、時給が高いからと言って、高すぎるのもからくりがあります。肉体労働だったり、工場だったり、高いから応募してみたら、現実違かったということもあります。

郵便局の1,100円の時は新木場のところで空気は排ガスの中でずっと作業していて、これじゃ体壊すな。ってかんじでやっていました。

工事現場や冷蔵庫内作業は時給が高くなりますが、粉じんを吸ったり、体を壊してまで1,200円の時給とか欲しくないので。程よい時給が妥当かなーって。

住んでいる地域の職業アルバイト別、平均時給の出し方

求人サイトで調べるなら

タウンワークはアルバイトやパートの平均時給が出ますので、見る程度におすすめです。

ちなみに、私の住んでいる栃木の平均時給はこんな感じです。

栃木県の平均時給|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し
栃木県のアルバイト・パートの平均時給。高時給、短期・日払い、未経験OK等の人気求人が満載!給与・シフト等の充実した条件検索と、面接対策等のお役立ち情報で、あなたのバイト探しを全力サポート!

タウンワーク調べで、栃木県が924円。

と考えると、950円は安いという話から始まったことは平均値よりも上だと言うこと。

ちなみに最低賃金が毎年下位の沖縄や青森辺りも調べてみようと。

青森が832円。

沖縄が1,055円。

なにこれ、沖縄たかー。と思いました。

東京だと、1,091円。

この差が分かります。

自分はバイトを探していたときは両方登録(ディップは派遣が多くてアルバイトパートは少ないです)していました。

タウンワークの登録だけでもいいかな。複数の求人サイトの登録はそこにしか載っていない求人があるから複数見る為のものなので。

それと、先ほどは平均ですが、コンビニの時給から見てみましょう。コンビニの時給を見れば、その土地の時給や物価が分かります。

栃木は820円。青森は750円。沖縄は750円。東京は1,000円。

スーパーのレジ打ちはこれよりも安くなった時給で、大体コンビニの時給を目安にすると土地柄の相場が分かります。

 

それとフリーペーパーの求人誌はお金を出して広告を出してる分、ちゃんと給料を出してくれる会社です。優良会社です。

ただ、欠点は定員が集まれば即終了も多いです。

私はあじさいの栽培のバイトに応募したことがありまして。太陽とともにバイトしてみたいなと思った時に、フリーペーパーだったのですが、電話をしたら、「もう終了した」と言われて、結構きつく言われたので、それも考えて、ネットの求人サイトに自分で登録するのがいいです。

一番メジャーなのは全国を網羅しているタウンワークですかね。

 

時間について

それと時間です。

「時給」でgoogleで検索するとよく出てくるのですが、「バイト 時給安い」や「バイト 時給安い 辞めたい」とか。

でも辞めない方がいいと思います。

私の様に、前のクソなバイトがタイムカードもないし、給料も支払われない。のように会社が終わってる場合は辞めた方がいいですが。

からくりみたいなのがあって。

時給が高いバイトは肉体労働かその分フルタイムでできないものとか制限がされます。

その人のライフスタイルにもよりますが、950円で8時間働けるところと、1,100円でも3時間となって考えると。

20日計算で。

950円は1日7,600円で20日152,00円。

1,100円は1日3,300円で20日で66,00円。

時給が1,100円で良さそうに思えますが、ライフスタイルによって、フルタイムできないならそっちの方がいいのですが、この上の仮定でのはなしなら、フルタイムの950円の方が稼げるということです。

私の経験で、郵便局の時給が1,100円で良いなと思っても、働く時間が短いから、そんなにお金にならなかった経験があります。

例えば子供がまだ幼稚園だったら、子供を送っても9時から14時までの時間しか仕事ができない場合は3時間4時間ぐらいのパートしか働けないですよね。

学生なら17時以降のバイト。

時間が短いと限られているのなら、仕事も少なくなるし、スーパーのレジ打ちなら住んでいる地域、地方によって時給の差がありますので、600円台、700円台、800円台でしょう。東京だけ900円台かなー。

時間が限られてくると、時給も安くなっていきますし、高い時給は深夜だったり、20時以降とかで短い時間になってしまいます

フルタイムで時給が良ければこしたことはありません。

時給だけではなく時間も考えると良いです。

 

短期でも選び方によっては。

アルバイトの求人サイトと派遣の中での紹介の仕事とでは待遇が違ってくるので。

 

色々考えての時給ですよね。

求人サイトについて

人の思考は人によって変わりますが、私は時給950円を安いと思いましたが(800円台なんてたくさんあるんですよ。先ずそれには目も行かないですから)。前の辞めたバイトが通勤に車で50分、会社がくそ、やぶにらみ暴君など。時給は1000円だったけれども、それは無しにして。時給じゃなくて、カメラマンの採用で応募したのですが。やはり会社だということが分かったので。

 

indeedで探していたのですが、indeedだけしか出ていないのはあまりよくないということが分かったので

その前の会社がそうだったので。indeedはあくまでも求人を網羅するサイトとして見て。

indeedは正直あたりはずれが多いです。

そのからくりを教えます。

indeedは求人広告が0円と言うのが、くそみたいな会社もindeedのネーミングをかいくぐり、いい会社の広告が載っているという風になります。

私はindeedで応募したところは、タイムカードは無い、くそみたいな職場で3回働きに行って、辞めたのですが、給料は入ることなく、確定申告も終わってしまった。

もう関わりたくないから給料は諦めたのですが、大きなポイントは求人を広告費を払って求人を載せているか。

それだけで優良企業のふるいに掛けられます。

正直indeedはおすすめしません。

indeedはあくまでも求人網羅サイト。

職安の求人もあるし、お金を出して求人を載せているサイトもあります。

高条件で載っていてもindeedにしか載っていない物はブラックな企業も多いです。

私はファッション業界の所だったのですが本当にくそで、CMが多いからと言っていい訳ではないので、気を付けましょう。

 

今回の950円の物は、私はindeedの中で見て、その中のイーアイデムの求人を見て(地方なのでと、たまたまアルバイト先の人柄がとても良かったので)、応募して。

分かったことは、やっぱりお金を出して求人を出しているところは立派な会社。

会社理念、企業理念がなっている。

会社も人も出来ているということです。

普通のアルバイトならタウンワークフロムエーの大手のアルバイト求人サイトを使った方が時給面やいい会社かどうかが分かるので。ここの求人を出している時点で、求人にお金をかけているので、それだけで、会社はなっていますから。

 

派遣なら、私は田舎なのでランスタッドのスポット(一日だけの仕事)に登録していますが、正直言いますと、会社の社員が高飛車でとても高圧的で。アプリからのボタン操作ミスで、間違って仕事を応募してしまった時に、キャンセルが電話での対応なんですよ。メールとか、間違ってのキャンセルとかそうゆうの無いんですよ。それで、社員から「次から間違いをおこさないでください(キレ気味)」で女の社員の方から言われて。あまりいい会社ではないです。

でも、仕事に行った工場は本当に良い人しか居なくて、仕事場であたりはずれはありますけれども、派遣会社はくそでも、働いている人は天使だったりします。なんか、変な感じですよね。

時給面では低いです。それと交通費も出なかったり。これはスポットなのですが、短期ならまた別なのと派遣会社によって時給が高くなる仕事が多い派遣会社も多いので。色々登録しての派遣と言う感じです。

逆に派遣のスポットのいいところは、お金が無い時に、次の日予定が空いたから仕事が欲しいなと思った時に、ランスタッドとか登録しておけば、アプリで調べて、一日だけその仕事を探して、その日できるってなれば仕事ができることです。給料は一週間振り込みなので、そういった直ぐにお金が欲しかったり、次の日とか急に仕事を入れたかったりしたらとても便利で良いです。

都内近郊ならまた条件は別ですが、田舎ははっきり言って低いですが。好きな時に仕事出来るから時給はの選択肢ではなくて、二日前に応募して二日後に仕事ができるとかで、派遣のスポットはいいです。

派遣はスポットと短期と長期だと思いますが、自分はスポットしかやったことないので、派遣はそんなにわからないのですが、派遣会社で判断した方がいいです。

外資系の派遣と日系の派遣とありましので。

ランスタッドはオランダの会社です。中身は「うーん」という感じですが。

日系だと、リクルートスタッフィングとかリクナビ派遣リクルート運営はいいんじゃないですかねー。その分野の第一人者だし、悪いことも聞かないから。

私はいいところの派遣会社ではないですが、しっかりした会社だったら、良いと思います。会社によって事務系の仕事とか取り扱っているものが派遣会社の色が出ますので、いろいろ見てみるのがおすすめです。

 

 

派遣での時給1500円とかを見ちゃうと950円は少ないですよね。

まあ、住んでいるところでは高いのですが。

 

皆様も、色々と求人サイトで見てみると時給の幅が分かりますので。

平均よりも高いか低いかとか。

経験があるのですが、求人サイトで時給が違ってきます。

シーズンバイトなのですが、時給900円で伊豆の方に仕事しに行ったら、同じ仕事なのに時給800円や750円の方がいました。

話を聞くと、私はそのホテルの大元にバイトの面接に行った。

他の方はそのバイトを紹介している求人元に面接に行った。

そうすると、私は900円でも他の方は仲介されてお金を持っていかれるという仕組み。

これは派遣やシーズンバイトに多い仕組みで。

普通の求人サイトは少ないのですが、地方の求人はこれが多いです。

その時私は東京だったらか、正規のでしたが、地方へ行くとそういったことも多くなります。

派遣の場合は複数見た方がいいです。

それからの仕事を探すとまた違ってきます。

シーズンバイトするなら、その専門サイトで探すのがいいです。上にもあげたように仲介料が取られます。

仲介料の安いところを探すのがいいです。結構いい場所なら青春ですよ。

私、北海道の礼文島に友達がたくさん居て、全国からこうゆうところに集まるので、友達が増えてとてもいいから時間がある方はシーズンバイトやリゾートバイトもいいです。ダメな例がダメなホテルとかに行った場合です。変なところに行かなければとても良くておすすめします。

 

複数の求人サイトを登録しておくといいです

同じ地域でも載っているアルバイトやパートが求人サイトとは別に載っていたり、地域ごとで時給の差が分かります

住んでいる場所の違いについて

もう一つは住んでいる場所についてです。

私はアルバイトで15万稼いだら、そのまま15万がお金に変わります。

それは地方だから持家があり、出ていくお金が無いということです。

それは東京で25万稼いでも家賃に7万ぐらい持っていかれたら、18万になるし、時給が高いからと言っても、物価や立地で他の事にお金がかかってしまうことも多いということです。

最初のこの記事の始まりで、東京良いなーとなっても、家賃ととかを考えると、意外とほどよい都会や地方の方がお金が貯まったりします。

毎月どのくらい出ていくお金を考えるとまた考え方も変わってきます。

上に書いてある郵便局でアルバイトした時は、交通費は2,300円まで支給なので、練馬に住んでいて新木場まで通っていましたが、通うのに1時間20分ぐらい掛かって、それでバイトは6時間しかできなくて、そんなにお金が貯まらなかったんですよね。

通う時間を考えて近場で、少し安いが8時間働けるとかならそっちの方が計算すると給料が発生します。

私の在宅ワークでのネットでの収入

主に在宅ワークです。
好きなことしてまでは行かないのですが、好きな内容のことをブログに書いて、それがお金になるということです。

現に検索されてこのブログページに来られているじゃないですか?
そんな感じで、需要があるから、ためになるような記事を書く。

そんな感じです。

例えば、主婦なら、育児入門ブログ。おじさんなら、ガーデニングや家庭菜園収穫記みたいな感じで、記事を書いて、それに見合った商品を押し売りではなくて、「これ使いました」みたいな感じで載せていると、自然と成果が生まれます。

ブログでの在宅ワークがしたかったら私のhow toサイトがあります。
良かったらこちらです。

在宅ワーク ブログで毎月5千円から5万円ぐらいを稼ごう

私は950円の時給なのですが、ネットの収入もあって、主にyoutubeやamazonなのですが、それを月で稼いだお金で、アルバイトで働いたお金と足して、働いた回数分で割って、ネットでの収入を時給として考えて、そうすると東京の時給1,200円までは行きませんが、1,000円や1,100円ぐらいの計算になるので、950円で時給は安いけれども、ネットの収益(アフィリエイト)もあるから、それでカバーすれば、地方に居ても東京の時給ぐらいになるからいいかなー。と言う考えで落ち着いて。

パソコンさえあればお金稼げますし。ネット収入の一番いいところは在宅で収入を得ることです

amazonで年間8万円。

youtubeの2017年12月だけの62ドル。

楽天で月々のポイント発生はだいたい3,000ポイントぐらい。

ネットでの収入のいいところは、アルバイト期間中でもお金になることです。

全くブログを書いていなくても20,000円ぐらいは自動的に入ってきますので。寝ていてもお金になることはブログやサイトの強みです。

そこまで持っていくのが大変ですが、やればわかると思うのですが、3,000円毎月稼げるようになると、ネットの収益って、同じように続いていくんですよ。

yahooやgmailなどのフリーメールアドレスを作って、ライブドアブログやはてなブログにでも登録して、アフィリエイト会社に登録してamazonや楽天を商品レビューすれば、結構いいお金になります。

ブログ作り立てでも審査が通ります。

amazonや楽天の商品も載せられるし、単価の高い(3,000円ぐらい)クレジットカードやレンタルサーバーのプログラムも多いし、クリック型のクリックするだけでお金が入る広告もあったりします。

女性や主婦なら美容に詳しかったら、化粧品のレビューでブログを読んでくれた方が買ってくれれば、クリックの入り口がそのブログなのでお金になります

私のこのブログのおすすめの商品と言う感じで商品を買ったレビューでamazonだったり、楽天でお金を稼いでいます。

バイトしていても、そのうちネットの収入が伸びてくれれば、結構お金になるし。

高校生や主婦なら普通にブログで稼げると思うし。

私は毎月20,000円ぐらい稼いでいます。

正直アルバイトよりも、こっちの方が好きです。

身近な共感できるような内容なら、たくさんアクセスがあれば、google AdSenseという、見られても、クリックされてもお金になる。そのアフィリエイトサービスプロバイダーを登録して、ブログをすれば相当お金になると思います。ただ、審査がとても厳しいです。

私はyoutube(youtubeの広告はgoogle AdSenseです)にはゲームプレイしか上げていないのですが、それで結構なお金になるから、いいもんですよ。

 

例えば所得上位の都道府県は東京、神奈川、愛知で、時給下位の都道府県は沖縄、青森、岩手

日本の中での最低賃金の時給で737円は(2017年)かなり多く、これでも高くなった方だと思いますよ。

調べてみたら2008年の10年前は627円。10年で100円上がったけれども。

これ以上上げると、多分倒産する会社が多くなると思うからこれぐらいで良いと思うけれども。

それで話を戻して、時給関係なく、自分でパソコンでさささってできるので、全国の時給に置き換えなくてもネットの収入は儲かっているところからの支払いなので、自分にスキルがあればお金が入るので。

逆に考えると、沖縄や青森の人がネットで稼げば住んでいるところの時給は関係ないということです。

パソコン、インターネット回線、それとウイルス対策ソフトぐらいあればもう、十分。

在宅ワークは空いた時間にできるからとてもいいです。1時間2時間でもこつこつやれば、それなりのお金になります。
アルバイトと違うところは、一回お金が入ると永久的に毎月1万毎月5万と入ってくることが良いので、これも働く選択肢の一つなのでとてもいいと思います。

アルバイトの時の確定申告のすすめ

皆さん、確定申告は絶対65万円控除がいいですよ。

私はMFクラウド確定申告を使って、自分で経費をまとめて確定申告を出したら2,896円還付金として、収めた所得税から戻ってきて。

これはこの記事の翌年で8,860円の所得税からの還付金が戻ってきました。

これは立派な節税なので、所得税を納税した物を一年の経費が多かったので、それを申告して戻すというやり方です。

やり方はこちらにまとめてあります。良かったら。

ブログ運営で誰でも行えるの節約術と節税術(所得税還付金)

確定申告の本に書いてあったのですが。

所得税103万以上で5%で住民税が100万以上で10%。

仮に100万円なら5万は所得税、来年払う住民税なら10万円。

そう考えると毎月8万円の収入なら税金を節税で抑えることができますが、それを越えると税金を収めなくてはなりません。

それが節税で払わなくなったり、所得税が戻ってくることになるので、配偶者控除額が過ぎても自分で申請すれば戻ってくるんじゃないかな?

それと払っている場合もあります。例えば、アルバイトでひと月20万働いた時に所得税が取られるじゃないですか、それが毎月とは限らないじゃないですか。そういった時の一年間のバイトやパートでの収入が103万を超えていたら所得税を払わないといけないのが、ひと月の収入が多いと所得税が課税されて付いてくるので、103万超えていなくても確定申告はしたほうがいいです。超えている場合は確実に青色の65万控除をしたほうがいいです。

だから自分で申告する青色確定申告65万円控除があるのです。アルバイトしていると余分に所得税を払っているから。

私は自営業とアルバイトとネットの収益で200万ぐらい行って、絶対住民税が高くつくと思って、払いたくないから、そのどれだけ日本国の為に経済として消費したかが分かれば控除されるので、経費が90万ぐらい使ったので、そうゆうのをしっかりまとめたので、2,896円還付金が戻ってきて、 30万円ぐらいは節税になったと思います。還付されなければ税金を払うことになるので、私の様にそれだけ使っていれば問題ないから。

白色、青色10万控除、青色65万控除なら絶対青色65万控除が良いので。

余談なのですが、経費90万と上に書いて置きましたが、自分はブログをやっているので、食品のレビューを載せて、写真を撮って、ブログに上げると、それは広告宣伝費になるので、主婦の人がブログをやると生活費が経費になるので、所得税や住民税を払う時に払わなくて済むそういった仕組みになるので、ネットでお金を稼ぐと言うのはそんな事にも使えるからいいですよ。2018年は17万ネットで稼いで、収益を上げていれば、

実際にそれでアクセスを稼いでブログに人が流入しているなら、食費が広告宣伝費になりますので。

だから、ネットで稼ぐと記事になるので、経費になるのでとてもいいです。

 

時給にもいろいろ、働き方もいろいろです。

では良い仕事を。

コメント