会いたい時に会えないってとても悲しいことだな

Pocket

どうしても木曜に会いたい人がいて、他のバイトの方々は「暇だから会ってきて大丈夫だよ」と言われて、社員の方に「行ってもいいけれども、どちらを選ぶか好きにしな」と倫理と言うか、選択を迫られて、社員の方に、「来るよね?」とも言われて、もう来ることが前提になっていて。

 

サハリンから折角来てくれて、しかも、友達はみんな木曜日に空いている予定で。

 

バイト先のその方はとてもいい人、もう一人の方もとてもいい人。

でも、本当はサハリンの方の所に行きたいのに。

その方は「組織って大変だねー。行かせたあげたいけれども、そしたら、築き上げた信用を無くすよ」って。

 

今のバイト先には本当にお世話になったし。

友達と会うことに、なんか、急すぎて亀裂でも入る感じで本当に嫌な感じだし。みんなに申し訳ないし。

 

なんか、どっちも分かるけれども。

なんかすげー言われたから、仕事に出ることにして。

 

時間って有限なんだな。って思う。

 

どうしても会いたい時に、会えないって。本当に。なんか時間の大切さを身に染みて。感じた。

 

背負う物が無いから(家庭)前以って言ってるし、行かせてくれて。って思うけれども。

 

来年はバイトしないで、限られた時間をちゃんと使いたいから。会いたい人に会ってと使いたい。

 

それと、旅している時に、英語の語学留学したくて、礼文で、留学経験の人がいて、話しをして、「留学したいけれども、ワーホリ終わってるから」と言ったら、「オーストラリア35才までになりましたよ」と教えてくれて。

 

今日のことがあったから、ふと思い出して、調べてみたら、2017年1月1日から35才になっていて。

おれ、まだ、大丈夫じゃん。と思って。

お風呂に入りながら、4月下旬から7月下旬かなーとか。1月下旬から3月下旬かなーとか。考えていて。

 

でも、普通のワーホリじゃなくて、留学だけでもいいかなー。なんても考えたりして。

 

会いたい時に会えないって悲しいな。

それが友達だったり、遠くから来てくれて先生だったり。

だから、もっと、時間を考えてこれからを生きよう。

昨日そう思った。

 




 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です