自分の中で一つの自分の中の時代が終わった様な気がして悲しい気持ちが

Pocket

先週、毎日バイトで遅い時間に帰ってきて、その日2017年11月29日も普段は水曜休みなんだけれども、その日は20時半とかに終わって、家に帰ってきて、普通に飯を食べてゆっくりぼーっとしていたら、飯を食べ終わってから、親に、「食べ終わってから言おうと思ったけれども、よく仕事行っているところが今年いっぱいで辞める」と言われて。

最初、かなり驚いたけれども、時代の流れと、しょうがないことなのかなー。って。

私の人生もあるし、これで留学も気にせずできそうだなー。なんて思ったりして。

その日お風呂入っている時や寝る前に色々考えて。

 

いつかは辞めようと思っていたけれども、こんな形で辞めるとわ。

普通にバイトしたり、他の仕事をした方がお金を貰える時代だから。

個人でやるのは大変な時代ですよ。




いつかは辞めようと思っていたけれども、いざ無くなってしまうのはとても悲しいことで。

私の仕事のいろはを教えてもらったのはその時に居た方で、私が緊張して仕事をしていたり、仕事のプレッシャーでお腹を痛くしていた時に、「もっと気楽に行った方がいいよ。」って、そんな感じで仕事を教わって。

その方からいろいろ教わって。

他にも家族だと思っていた方も居て。

仕事はチームだと思っていた方も、親の介護で辞めちゃって。

沖縄の方やもっと前だとカナダ、アイルランド、ブラジルの方は話をして。

 

都立家政の方や千葉の方、ギターのお兄さん。

 

本当に仕事でお世話になった方の記憶がよみがえって。

なんだか記憶と場所で繋ぎ止めるものがあって。

今あげた方はもうそこからいなくなってしまった方。

 

最後に仕事した時は昆虫の方や、ハロウィーンのクッキー、和の方で。

 

なんだか、寂しいもんだなーって。

そんなこと考えながらバイトをして。

 

それで、昨日はバイトが休みだったので、その仕事を行っていたところに物を出しに行ったら、物が片付けられていて、終わっちゃうんだなーって。それで外すものを片付けていて。

自分が良く居たところに行ったら、ほとんど無くなっていて。

結構悲しくて、ここに何の物が置いてあって、ここの椅子に座って、眠かったなーとか。靴脱いで、足痛いなーとか。

バックから色々物を出して準備していて。ここに置いていたなーとか。

 

自分がいたところの景色が、もう、ここに来なくなるというか、無くなってしまうんだなーって。

あんまり想像していなかったから、長く仕事して、ここの過ごしたこの空間が全く違う物になっていて、何も無くなっていて。

結構悲しかったな。

またバイトが始まるから考えられないけれども、一つの自分の中での時代が終わったな。

 

これも一年経つと今になってしまうんだろう。

 

だから、今この景色を忘れないように、見ていた。

考えたいけれども、バイトで忙しいから考える余裕もないし。

 

悲しいな。学んだことも沢山あった。

色々とその空間にはありがとうと言いたい。

昨日は景色を見て悲しくなった。




 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です